NTT 西日本と協業契約を締結

株式会社グラモ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 功、以下 グラモ)は、西日本電信電話株式会社(本社:大阪府大阪市中央区、代表取締役社長:村尾 和俊、以下 NTT西日本)と、当社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon Wi-Fi』とNTT西日本の展開する『フレッツ光シリーズ』の販売拡大に向けての協業契約を 6 月 27 日に締結いたしました。

昨今の住宅家電制御ニーズの増加に対応するため、シナジーが高い両社のサービスを組み合わせることで、ユーザーに安価な料金で便利なサービスの提供を実現いたします。

本協業サービスの取り組みとして「iRemocon for フレッツ」提供を、8 月上旬(予定)よりを開始いたします。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

環境センサー搭載「iRemocon Wi-Fi」を開発

株式会社グラモ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 功)は、当社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon』の新機種である「iRemocon Wi-Fi」を開発し、2014 年 8 月から販売を開始致します。

「iRemocon Wi-Fi」は、従来の『iRemocon』の機能である、赤外線リモコン対応機器の遠隔操作や、その他全ての機能に加え、Wi-Fi コンバーター機能、Wi-Fi リピーター機能、センサー機能(温度・湿度・ 照度)を搭載。
更に便利にご利用頂ける進化版となります。
また、大量生産によるコストダウンを図り、高機能と低価格を実現致しました。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

グラモ、世界初!GPS連動による家電制御アプリをリリース

株式会社グラモ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:後藤 功)は、当社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon』のiOS専用アプリである『iRemocon2アプリ』にGPSと連動して家電を自動制御する機能を搭載致しました。

GPSを利用した家電制御の一般消費者向けのサービスは世界初*1となります。
2013年12月17日から順次アップデートを開始致します。

今回のアップデートにより、『iRemocon2アプリ』上で検知エリアと制御対象の家電を指定し、『iRemocon2アプリ』をインストールしたiPhoneを持ち歩くことで、指定した検知エリアに入った場合や出た場合に、自動的に自宅に設置した『iRemocon』に指示を送り家電の操作を行います。
*1 当社調べ(赤外線を利用した一般消費者向け家電制御装置として)

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

グラモ、ハウスメーカー向け機器制御装置を開発・発売

株式会社グラモは、当社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon』の高機能版である「iRemocon ZB」と、お風呂や床暖房、給湯機などの住宅設備機器を制御する「iRemoUnit IF」を開発し、2013年11月28日から販売を開始致します。

「iRemocon ZB」と「iRemoUnit IF」を利用することで、従来の『iRemocon』の機能である、
赤外線リモコン対応機器の遠隔操作に加え、お風呂や床暖房、電子錠といった、赤外線リモコン対応機器以外の機器についてもスマホから制御が可能となります。
また、『iRemocon2』アプリを利用することによって、音声で機器を制御することも可能です。

『iRemocon』は発売以来HEMSと連携可能な家電制御システムとして、多くのハウスメーカーにご採用頂いておりますが、「iRemocon ZB」を利用して頂くことにより、より多くの家電や住宅設備機器と連動するシステム構築が可能です。

「iRemocon ZB」のAPI(Application Programming Interface)についても『iRemocon』と同様に公開(法人対象)を行いますので、自社で開発されたアプリやシステムとの連携も容易に可能となります。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

グラモ、自動車向け家電機器遠隔制御アプリを開発

株式会社グラモは、自社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon』と連携可能な車載用家電遠隔制御システムを開発致しました。
本システムは、カーナビ等と連携可能なAPI群と音声認識機能、GPS連動機能、クラウドサービス等をワンパッケージにしたシステムとなっており、簡単に家電制御機能をカーナビ等に導入することが可能になります。
今回、これらのデモシステムとして本田技研工業株式会社のEVへの搭載をイメージした展示をCEATEC JAPAN 2013(10月1日~5日開催)のHondaブース(ホール6 6G28)でご紹介を致します。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

グラモ、日本初!iPhone/iPadから一般家電を“声”で制御可能に

株式会社グラモは、自社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できるアプリ『iRemocon』の新バージョンとして『iRemocon2』を2013年10月1日にApp Storeにリリース致します。

本アプリには、音声で市販の一般家電を制御できる仕組みや、複数の離れた場所に設置された家電製品を本アプリで一括管理できる機能などを搭載しております。
一般家電製品をメーカーや新旧問わず、iPhone/iPadから声だけで制御できる一般ユーザー向けのアプリとして、日本初のアプリとなります。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

“住宅全体を快適制御” ハウスメーカー向け家電制御アプリのカスタマイズサービス提供を開始

株式会社グラモは、当社が現在販売中の「iRemocon」を制御するアプリケーション「iRemocon」アプリの機能をハウスメーカー向けに改良し、『iRemocon HOME』アプリとして、「iRemocon」取扱い企業向けにカスタマイズサービスの提供を開始致します。
提供を受けた企業は、『iRemocon HOME』アプリの名称やアイコン、機能、サーバーシステムなどを独自にカスタマイズし、パートナー企業などへ独自に展開して頂くことが可能となります。

なお、本カスタマイズサービスは、ソフトバンクテレコム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:孫 正義、以下「ソフトバンクテレコム」)を通じてiOSアプリ『スマリコ』としてカスタイマイズされ、スマートフォンで住宅設備や家電をリモートコントロールできるホームオートメーションサービスとして、タマホーム株式会社(本社:東京都港区、代表取締役会長兼社長:玉木 康裕)から提供されます。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

企業内SNSのパイオニアのビートコミュニケーションと提携  スマート家電型ソーシャルテクノロジーの共同研究開発を開始

株式会社グラモは、企業内SNSのパイオニアのビートコミュニケーションと提携し、スマート家電型ソーシャルテクノロジーの共同研究開発を開始したことを発表致しました。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

グラモの『iRemocon』が「eo 音声コンシェルジュ mia」との連携を発表

株式会社グラモは、株式会社ケイ・オプティコム(本社:大阪市北区、 代表取締役社⻑:藤野 隆雄)がサービスを提供する「eo スマートリンク」の標準 サービス「eo 音声コンシェルジュ mia」との連携機器に採用されたことを発表致しました。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)

日本初!グラモ、スマホで一般家電を“音声”制御 ~『iRemocon』ユーザー向けに10月上旬リリース、利用料無料。節電にも~

株式会社グラモ(本社:埼玉県新座市、代表取締役社長:後藤 功)は、自社の開発・販売するスマートフォンで家電を操作できる『iRemocon』のAndroid版スマートフォンアプリ、タブレットアプリの機能を拡張し、音声で市販の一般家電を制御できる仕組み(以下、本製品)を開発いたしました。

詳しくは以下のリリース文章をご覧ください。
プレスリリース(PDF)